検証試験

検証試験

SureScan神経刺激システムに対するMRI撮像の安全性は、ISO/TS 10974に準拠した検証試験により確認されています。検証試験では、6種類の変数の組み合わせにより臨床上想定される10,000通りの撮像条件を設定し、延べ1億回に上るシミュレーションを行うことで、想定されるリスクが十分に軽減されていることを証明しました。


6種類の変数

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  1. 患者の体格/体重
  2. リード電極の留置部位
  3. 神経刺激装置の植込み部位
  4. MRI装置内の患者位置
  5. RF出力レベル
  6. MRIボアサイズ

 



「MRI検査を行うための条件」へ  

pagetop