MRI検査時の注意事項

MRI検査時の注意事項

患者さまのMRI適合性は、患者さまが使用している神経刺激システムの種類及び植込み部位によって異なります。  
MRI検査を受ける際には、以下の手順に従うようにしてください。


MRI検査前

MRI検査を依頼した医師に、メドトロニックの神経刺激システムが体内に植込まれていることを伝えてください。
患者手帳にMRI適合性に関する記載があるかを確認してください。
患者手帳の「使用機器情報」のページには、植込みを行った担当医師によってMRI適合性が記載されています。
記載がない場合は、植込み医師に連絡し、MRI検査を受けることを伝えてください。
MRI検査時には、必ず患者手帳および患者用プログラマを持参してください。
MRI検査前に、神経刺激システムをMRI-CSモードにしてください。
MRI-CSモードは患者用プログラマ(モデル番号:97740)を使用して起動することができます。
MRI-CSモードの起動方法は患者手帳に記載されています。

注:患者用プログラマをMRI検査室に持ち込まないようにしてください。


MRI検査後

MRI検査後は、患者用プログラマを用いてMRI-CSモードを解除してください。
MRI-CSモードの解除方法は患者手帳に記載されています。

よくあるご質問

 

pagetop