植込み時のフロー

植込み時にご留意いただきたいこと

条件付き全身MRI対応DBSシステムの植込みでは、以下の条件を満たす必要があります。
体内に植込まれる機器がすべてメドトロニック社製DBSシステムによって構成されていること。
神経刺激装置が胸部または腹部に植え込まれていること。
ポケットアダプタを使用していないこと。
使用していないリードが体内に植え込まれていないこと。
植込み医師は、「患者手帳」に植え込まれたDBSシステムの情報を記入し、患者さんに携帯させてください。
植込み医師は、患者さんにMRI検査について以下の点をご指導ください。
MRIが必要となり、DBS管理担当医師を受診した際、「患者手帳」を携帯していないとMRI撮像の可否判断に必要な情報を得られず、MRI検査を実施できない可能性があること。
患者手帳に「MRI検査における注意事項」が記載されており、MRI検査が必要となった際は、それに従うこと。
MRI検査が必要となった際、MRI検討医師へ、患者手帳の「MRI検査における注意事項」を提示すること。

「MRI検査検討/依頼時のフロー」へ 

 


pagetop