Home >> ペースメーカ/ICD管理関係者 >> 診療お役立ちツール >> 植込み手術フロー

植込み手術フロー

植込み時のフロー

植込み時にご留意いただきたいこと

  • 条件付きMRI対応となるには、SureScan®ペーシングシステム(本体、リード共にメドトロニック製条件付きMRI対応製品両方が植込まれている状態)である必要があります。
     他社製品との組み合わせによるMRI検査の安全性は確認されておりません。
  • 他の能動的植込み型デバイスが植え込まれていないことをご確認ください。
  • 他院でペースメーカ管理を行われている場合は、植込み機器に関して、他院の担当医師に申送りを必ず行ってください。

【患者さまへの説明】 MRI検査時の注意に関して

以下の点につき患者さまにご説明をお願いします。

  • MRI検査が必要となった場合、ペースメーカ管理医師にご相談いただくこと。
  • MRI検査を受ける前にペースメーカ管理医師によるペースメーカの確認を受ける必要があること。
  • 必要な条件を満たさないとMRI検査が受けられない場合があること。
  • 植込み手術から6週間はMRI検査が禁忌であること。

【患者さまへの説明】 条件付きMRI対応カードに関して

以下の点につき患者さまにご説明をお願いします。

  • 条件付きMRI対応ペースメーカカード発行の手続きについて。
    (カード発行手続きに関しましては、弊社より小冊子「条件付きMRI対応ペースメーカって何ですか?」や患者さま向けホームページhttp://www.mri-surescan.comをご用意しております。)
  • MRI検査に際しては「条件付きMRI対応カード」とペースメーカ手帳の提示が必須であり、医療機関にかかる際は常に携行する必要があること。
  • カードは約4週〜6週後に別途郵送されること。

ページTop