Home >> ペースメーカ/ICD管理関係者 >> 診療お役立ちツール >> 診療のFAQ

診療のFAQ

 Q1. 各種MR装置の内、どの型式のMR装置で撮像可能なのですか?
 A1. 1.5T または3T 円筒ボア型全身スキャナーのMRI装置のみです。1T、オープン型、局所専用等は禁忌です。
 Q2. 1.5T または3T円筒ボア型以外ではなぜ使用できないのですか?
 A2. MedtronicのSureScanシステムであるSureScanペースメーカとSureScanリードは、IEC60601‐2‐33規格の1.5T または3T円筒ボア型の一定条件下で使用できるように設計されています。従って、それ以外の静磁場強度や型式のMRIには対応していません。
 Q3.  MRIの撮像方法・条件に制限はありますか?
 A3. 撮像方法、シークエンスに制限はありません。1.5T円筒ボア型MRI装置の場合、1軸あたりの最大勾配スルーレート≦200T/m/s・全身SAR ≦2.0W/kg・頭部SAR ≦3.2W/kgの範囲内である必要があります。3T円筒ボア型MRI装置の場合、1軸あたりの最大勾配スルーレート≦200T/m/s・全身SAR ≦4.0W/kg・頭部SAR ≦3.2W/kgの範囲内で、ISO-CenterをC7(第七頸椎)より下側に配置する場合はB1+rmsを表示できるMRI装置でB1+rms≦2.8μTであることが求められます。
 Q4. 条件付きMRI対応ペースメーカであることの確認はどうすればよいですか?
 A4. ペースメーカ植込み時に医師の確認の下、条件付きMRI対応ペースメーカが植え込まれている事を確認できるように条件付きMRI対応カード(患者IDカード)を発行します。このカードは患者が常に携帯し、MRI撮像時には提示する事が学会で決めた施設基準※に記されています。

その他の保管措置として:
Web上から本体シリアル番号より植え込まれた機器が条件付きMRI対応システムであるかの確認ができます。患者が携帯するペースメーカ手帳に本体のシリアル番号が記されています。また患者名が確認できる場合、MRI専用ダイアルでは条件付きMRI対応カードの発行を確認する事ができます。
Web; http://www.mri-surescan.com    MRI専用ダイアル Tel:0120-001-228

 Q5. ペースメーカは以前、併用医療機器に対して放射線治療は「原則禁忌」、X線透視撮影およびCT撮影時は「使用上の注意」がありましたが、条件付きMRI対応ペースメーカではどうですか?
 A5. 従来品と変わりません。なお、放射線治療は、従来品も含め「併用注意」になります。
 Q6. 撮像時の注意事項にはどんな事がありますか?
 A6. MRI関連の条件を確認し、その条件内で撮像をお願いします。また、被験者の心拍数を連続して監視するため、MRI対応の心電図、パルス酸素濃度計、または非侵襲性の血圧計を取り付けてください。 MRI関連の条件はwww.mri-surescan.com を参考にしてください。
 Q7. ペースメーカの設定変更はMRI室内、MRI患者テーブル上でできますか?
 A7. できません。プログラマ(ペースメーカの設定変更を行う機器)はMRI対応ではありませんのでMRI室の外で使用ください。
 Q8. 2012/5までにMRIの撮像件数は海外を含めてどのくらいなのですか?実績や評価はありますか?その中に、ペースメーカ併用時の健康被害、安全問題発生の情報などはあるのですか?
 A8. EU/USでの植込み件数は50,000件を超えています。その中で800件超のMR撮影が実施されていますが、健康被害の報告はありません。
 Q9. 被験者に植え込まれているペースメーカが条件付きMRI対応の承認品と確認ができない場合、これまで通りMRI撮像はできないということですか?
 A09. 確認ができない場合は従来と同じになります。
Q10.Advisa-MRIをSureScanモードに入れずにMRI室に入りました。大丈夫でしょうか?
A10.いいえ。SureScanペースメーカはSureScanモードに切り替えることによりMRI検査に対応しています。切り替えない場合は、従来のMRI禁忌のペースメーカと同じです。SureScanモードに変更せずにMRI室に入った場合は、オーバセンス、リセット、電池の早期消耗、回路の破損などが起こる可能性があります。
Q11.MRI撮影中にResetに入る事はないのですか?
A11.ありません。SureScanモードにプログラムされている場合はResetに入らず、SureScanモードを維持するように設計されています。
Q12.SureScanペースメーカシステムはMRI撮像中の時間制限や実施時間の総時間制限はあるのですか?
A12.ありません。
Q13.SureScanペースメーカシステムは患者が発熱している状態での撮像制限はありますか?
A13.ありません。
Q14.緊急時での撮影にはどのように対応するのですか?
A14.米国での運用状況では緊急時のMRI撮像はほとんどありません。添付文書上のMRI撮像時の確認事項があるため、緊急対応においては状況により限界があると考えられます。

ページTop