Home >> ペースメーカ/ICD管理関係者 >> ニュースと学術情報 >> MINERVA試験

MINERVA試験

DDDRP + MVPは標準的なDDDペーシングより、死亡・入院・慢性AFを低減できるか?
単盲検・無作為化国際共同試験(63施設)
3群割り付け・1166名

  • Class I or Class IIのデュアルチャンバPacing適応
  • 心房性頻脈性不整脈の既往あり
  • 慢性AF・III度AVBの既往なし

MINERVA試験

複合エンドポイント

死亡・心血管入院・慢性AF
対照群に対するDDDRP + MVP群の相対的な低減

慢性AF

対照群に対するDDDRP + MVP群の相対的な低減

凡例 :
Control DDDR = 標準的なDualチャンバペーシング
DDDRP + MVP = 標準的なDualチャンバペーシング + MVP + A-ATP* + AF予防機能

* 本スタディーにおけるA-ATPは、ATP治療後に持続するAFに繰り返しATP治療を送出する Reactive ATPを搭載した第二世代のATPです。

 

メドトロニックは徐脈性不整脈患者にAT/AF治療を提供します

デバイスによって検出されたAFは、脳卒中リスク増加因子です。AF burdenが1時間を上回ると、脳卒中のリスクは2.1倍になります5

  メドトロニックAdvisa MRI™ , メドトロニックAdvisa DR
AFの検出 95%の精度でAFを検出2
AFの予防・治療 1) A-ATP , 2) MVP , 3) APP/ARS/PMOP(AT/AF関連機能)
結果 臨床 慢性AFを相対的に61%低減1
MVP: RVペーシングが1%上昇するたび、AFのリスクも1%上昇する。
不要なRVペーシングを99%低減3
経済性 AF関連の入院・救急来院:相対的に52%低減 (p < 0.0001)1
心房細動に対する除細動:相対的に49%低減 (p = 0.001)1
  • Boriani G, at al. Atrial Antitachycardia Pacing and Managed Ventricular Pacing Reduce the End Point Composed by Death, Cardiovascular Hospitalizations, and Permanent Atrial Fibrillation compared to Conventional Dual Chamber Pacing in Bradycardia Patients: Results of the MINERVA Randomized study. AHA Late Breaking Clinical Trial, November 18, 2013.
  • Ziegler P, et al. Accuracy of atrial fibrillation detection on implantable pacemakers. HRS Abstract. 2013.
  • Sweeney MO, Bank AJ, Nsah E, et al. Minimizing ventricular pacing to reduce atrial fibrillation in sinus-node disease. N Engl J Med. September 6, 2007;357(10):1000-1008.
  • Healey JS, Connolly SJ, Gold MR, et al. Subclinical atrial fibrillation and the risk of stroke(無症候性のAFと脳卒中リスク). N Engl J Med. January 12, 2012;366(2):120-129.
  • Device Detected Atrial Fibrillation and Risk for Stroke: an analysis of more than 10,000 patients from the SOS AF project (European Heart Journal: in press)

ページTop