Home >> MRI検査関係者 >> 製品情報 >> SureScan開発の背景 >> MRI検査のニーズ >> MRI検査のニーズ2

MRI検査のニーズ2 普及率

65歳から高まる併存疾患の発生率

65歳以上では、主な併存疾患の発生頻度が急上昇します2-6

65歳から高まる併存疾患の発生率

65歳から高まる併存疾患の発生率

ICD患者さんの52〜63%が10年以内にMRI検査が必要になると推測されます3

65歳から高まる併存疾患の発生率

併存疾患の診断に使用されなかったMRI検査

ICD患者さんの52〜63%が10年以内にMRI検査が必要になると推測されます3

併存疾患の診断に使用されなかったMRI検査

日本で特に高いMRI装置の普及率

日本のMRI装置の普及台数は世界第1位。様々な診療領域で欠かせない検査となっています。

日本で特に高いMRI装置の普及率

ページTop